ページの本文へ

Hitachi

企業情報ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2018年5月9日

ハイエンドクラスの高性能・高信頼を実現する
ミッドレンジ・フラッシュストレージをグローバルに販売開始

日立独自の新技術・サービスでコストパフォーマンスを最大10倍向上するとともに
ITシステムの自律運用によりデータセンターを革新

[画像](左)「Hitachi Virtual Storage Platform F900」、 (右)「Hitachi Virtual Storage Platform G130」

  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、ハイエンドクラスの高性能・高信頼を実現するミッドレンジ・フラッシュストレージをグローバルに販売開始します。 「Hitachi Virtual Storage Platform(以下、VSP)ファミリー」のミッドレンジモデルを刷新し、従来ハイエンドモデル「VSP G1000」を上回る高性能な最上位モデル「VSP F900」をはじめとするフラッシュストレージ10モデルを提供します。本ストレージでは、日立独自のインテリジェントな重複排除・圧縮技術*1を活用した「データ容量最適化サービス」により、コストパフォーマンスを最大10倍向上*2します。また、ITシステムの運用・管理を自律化するソフトウェアを強化し、ストレージの導入・運用時の設定に要する時間を最短1/10*3に短縮します。
  これらにより、日立は、データセンターやITシステムの革新を推進するデータセンターモダナイゼーション(Data Center Modernization*4)をさらに進め、お客さまの新規ビジネス創出や既存事業の拡大に貢献します。

*1
データのアクセスパターンに合わせて業務アプリケーションへの性能影響を極小化しつつ、データ容量を最適化し、削減処理のタイミングを自動的に変更することで、高性能かつ高効率なデータ容量最適化を行う技術。
*2
従来モデルである「Hitachi Unified Storage 150」(300GB SAS15K回転HDD構成)と同等論理容量構成の今回新モデル「Hitachi Virtual Storage Platform G370」(1.9TB SSD構成)を、容量削減率1/4における、データ処理能力と価格で比較し、評価したもの。
*3
顧客システムにおける本ソフトウェアの効果検証結果。従来手作業で行なっていた設定操作の自動化による効果。効果は環境によって大きく異なります。
*4
日立のData Center Modernization: 顧客が新規ビジネス創出などの新たな取り組みを可能にするため、既存システム運用の効率化やIT投資の最適化を可能にする製品・ソフトウェア・サービスを提供し、顧客のデータセンターや既存システムを革新する取り組み。

  近年、企業の情報システム部門には、既存の基幹業務システムのさらなる効率運用に加え、新規ビジネス創出に向けたデータ分析システムなどを迅速かつ柔軟に、適切なコストで導入・運用することなどが求められています。
  日立は、今回、これらの多様化するニーズに応えるため、データセンターモダナイゼーションの取り組みのもと、「VSPファミリー」のミッドレンジモデルを刷新し、従来ハイエンドモデル「VSP G1000」を上回る高性能な最上位モデルを含めたフラッシュストレージを提供します。また、あわせて、このフラッシュストレージ導入によるデータ容量削減効果を保証する「データ容量最適化サービス」など新たなサービスの提供も開始します。

  今後も、日立は、データセンターモダナイゼーションのもと、データセンターや既存システムの運用効率をさらに高めるストレージ製品・サービスとして、「VSPファミリー」および関連ソフトウェア、サービスの強化を推進し、お客さまが運用するITシステム全体のIT投資最適化を支援していきます。

新製品・サービスの特長

1. ハイエンドクラスの高性能・高信頼を実現する新ミッドレンジ・フラッシュストレージを提供

  フラッシュ媒体のアクセス性能を最大限に引き出すため、データアクセス処理などの機能を刷新した新アーキテクチャを搭載し、ハイエンドクラスからローエンドクラスまでをカバーする新ミッドレンジ・フラッシュストレージを提供します。最上位モデル「VSP F900」においては、従来のハイエンドモデルを上回る性能*5を備え、あらゆる高負荷環境において安定した高性能を実現します。これにより、従来のハイエンドストレージからの置き換えを可能とします。また、高信頼性を提供するとともにローエンドクラス向けに機能などを最適化した「VSP G130」の提供により、フラッシュストレージ環境の導入を容易にします。

*5
従来モデル「VSP G1000」(コントローラシャーシ1台構成)との比較において、一秒間あたりの入出力処理数(IOPS:Input Output Per Second)が14%向上。

2.コストパフォーマンス最大10倍向上を実現する新技術・サービスを提供

  データのアクセスパターンに合わせて自動的にデータ処理のタイミング・方法を変更することで、性能・容量を最適化するインテリジェントな重複排除・圧縮技術により、コストパフォーマンス最大10倍向上を可能にしました。さらに、データ容量削減効果を事前に見積もり、移行後のフラッシュストレージの構成を提案すると同時に、そのデータ容量削減効果を保証する「データ容量最適化サービス」を新たに提供します。これにより、フラッシュストレージ移行時の重複排除・圧縮技術によるデータ容量削減効果に対するお客さまの不安を軽減します。

3. ITシステム全体の自律運用・管理機能を強化

  ITインフラ運用自動化ソフトウェア「Hitachi Automation Director」を強化し、アプリケーションからストレージまで、ITシステム全体の運用・管理を自律化することで、より迅速なリソース割り当て、運用コストの削減、操作ミスの低減が可能となりました。
  具体的には、国内で豊富な導入実績を持つ統合システム運用管理「JP1」との連携を可能にする「Automatic Storage Operation for JP1」の提供を開始します。本ソフトウェアの効果検証結果では、ストレージの導入・運用時の設定に要する時間を最短1/10に短縮しました。

新製品・サービスの価格および提供開始時期

製品・サービス名 メニュー内容 価格(税別) 提供開始時期
Hitachi Virtual Storage
Platform F900
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:1024GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約2835GB〜
4,132万6千円〜 5月9日
Hitachi Virtual Storage
Platform F700
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:512GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約2835GB〜
2,626万2千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform F370
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:256GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約1417GB〜
1,197万4千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform F350
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:128GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約1417GB〜
948万4千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform G900
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:512GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約864GB〜
3,020万1千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform G700
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:256GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約864GB〜
1,759万3千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform G370
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:256GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約864GB〜
1,047万6千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform G350
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:128GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約864GB〜
657万6千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform G150
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×8ポート〜
    キャッシュ:64GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約864GB〜
218万8千円〜
Hitachi Virtual Storage
Platform G130
  • システム構成
    ホストインタフェース:16Gbps FC×4ポート〜
    キャッシュ:32GiB
    ストレージ基本ソフトウェア
    システム物理容量:約864GB〜
134万8千円〜 6月29日
データ容量最適化
サービス
データ容量削減率事前評価、構成提案 個別見積 5月9日
Automatic Storage
Operation for JP1
ストレージ運用の自動化コンテンツ 34万円〜 7月31日

関連情報

他社商標注記

記載の会社名および製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 サービス&プラットフォームビジネスユニット ITプロダクツ統括本部

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
ホ醴ケツ耄衵ヤイ・キナ,チスミヤエフシ、ノサニャテ箙ムハモニオ,ケイトミナョスサミヤハモニオイ・キナテ箙ム