ページの本文へ

Hitachi

企業情報ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2021年2月9日
KDDI株式会社
株式会社日立製作所
日本電気株式会社
沖電気工業株式会社

AI活用で5Gネットワークを自動復旧させる実証実験を開始

〜総務省の研究開発課題「革新的AIネットワーク統合基盤技術の研究開発」を推進〜

  KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長 兼CEO:東原 敏昭、以下 日立)、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下 NEC)、沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:鎌上 信也、以下 OKI)は、「AIネットワーク統合基盤」を活用し、5Gネットワーク障害時の自動復旧システムの有効性を確認する実証実験(以下 本実証実験)を2021年1月25日から開始しました。
  本実証実験は、国立研究開発法人情報通信研究機構(本部:東京都小金井市、理事長:徳田 英幸、以下 NICT)と共同で受託した総務省情報通信技術の研究開発における「革新的AIネットワーク統合基盤技術の研究開発」(以下 本研究開発)(注1)の一環として取り組み、2023年以降の社会実装を目指します。

[画像]<「AIネットワーク統合基盤」を活用した実証実験イメージ>
<「AIネットワーク統合基盤」を活用した実証実験イメージ>

  5Gでは、IoTやコネクティッドカーなど、通信があらゆるモノにつながることで多種多様なサービスを提供する一方で、新サービスの開始や予期せぬサービスの急激な利用増によるボトルネック発生などの障害も想定されます。また、多くのモノがつながることで複雑化するネットワークにおいても、サービス品質を満たすネットワークの構築や、運用技術の確立が不可欠です。

  本研究開発では、ネットワーク事業者、システムインテグレーション事業者、サービス事業者が連携し、AIの活用により、5Gのスタンドアローン(SA)構成で主流となる仮想化されたネットワークを自動的に構築・運用することを目指します。これにより、AIがネットワークの障害を検知した際に、例えばコネクティッドカーの通信制御をマルチアクセスエッジコンピューティング(以下 MEC)(注2)に配置し最適化するなど、自動的にネットワークを再構築することで、ボトルネックの解消を図ります。
  本実証実験は、NICTが運営する「JGNテストベッド」(注3)を用いて、ネットワーク機能を仮想化した5Gコアネットワークに加え、MEC機能やクラウド機能を構築して行っていきます。また、総務省の「革新的AIネットワーク統合基盤技術の研究開発(JPMI00316)」によって実施した成果を含みます。

  なお、本実証実験により得られた成果については、2021年3月に行われる一般社団法人電子情報通信学会が主催する総合大会での発表を予定しています。

  今後も、KDDI、日立、NEC、OKI、NICTは、世界に先駆けたAIによる運用自動化技術の確立に向けて研究開発を進め、Society5.0の実現や、国際競争力の強化に寄与できるよう取り組んで行きます。

(注
1)  2018年7月24日 ニュースリリース
  総務省の研究開発課題「革新的AIネットワーク統合基盤技術の研究開発」を受託
(注
2)  通信端末に近い場所にサーバーを配置することで通信の遅延時間を短縮させる技術
(注
3)  NICTが提供するICT開発の基盤となる超高速研究開発ネットワーク試験用環境

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 IoT・クラウドサービス事業部

以上

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。
ホ醴ケツ耄衵ヤイ・キナ,チスミヤエフシ、ノサニャテ箙ムハモニオ,ケイトミナョスサミヤハモニオイ・キナテ箙ム